「iPhone 14 Pro」はホールパンチデザインと48MPカメラを採用 フォルダブルiPhoneは2024年登場

9to5Macが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、来年発売の「iPhone 14 Pro」は、ホールパンチデザインと48MPカメラを採用するようだと伝えています。

クオ氏は、2022年上半期に発売される新しい「iPhone SE」は5Gをサポートし、2022年下半期に発売される「iPhone 14」シリーズは、ローエンドの6.1インチと6.7インチ、ハイエンドの6.1インチと6.7インチの4機種展開で、ハイエンドモデルにはホールパンチデザインと48MPの広角カメラが採用されると述べています。

さらに、画面内にTouch IDを内蔵したiPhoneは2023年下半期に、折りたたみ式のiPhoneは2024年に発売が延期されたようだと述べています。

クオ氏は当初、2022年に画面内Touch IDを採用したiPhoneが、2023年にフォルダブルiPhoneが登場すると予想していました。