2022年のOLED「iPad Air」発売計画は取りやめにーーミンチー・クオ

9to5Macが、来年発売の「iPad Air」でOLEDディスプレイを採用する計画は取りやめとなったようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、性能とコストがAppleの条件を満たしていないため、2022年のOLED搭載iPad Air発売計画は中止されたとのことです。このため来年のモデルにも引き続きTFT液晶ディスプレイが採用されるようです。