Apple、2022年11月までにMacのAppleシリコンへの移行を完了

9to5Macが、マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、MacのAppleシリコンへの移行は何とか2年間の期限に間に合うようだと述べていると伝えています。

Appleは昨年のWWDCで、MacのAppleシリコンへの移行期間を約2年間と発表していました。最初のAppleシリコン搭載Macは2020年11月に発売されたことから、ガーマン氏は2022年11月が期限になるとしています。

M1Xチップを搭載した新しい「MacBook Pro」は数ヶ月中に、「Mac mini」はそのあとに発売される予定で、2022年にはMagSafeをサポートした新デザインの「MacBook Air」、2022年末までに新しい「iMac」や「Mac Pro」が発売されるそうです。

また、Intel Mac Proのアップデートも予定されていると述べています。