M1チップを搭載した新しい「iPad Pro」発表

Apple Inc.が、M1チップを搭載した新しい「iPad Pro」を発表しています。

新しいiPad Proは、最大50%高速な8コアCPU、最大40%高速な8コアGPU、16コアNeural Engineを備えたM1チップを搭載しています。

12.9インチモデルは、100万:1のコントラスト比を実現したミニLEDバックライト採用のLiquid Retina XDRディスプレイを搭載しています。P3広色域、True Toneテクノロジー、ProMotionテクノロジーなども採用しています。

前面には12MP、122°視野角のTrueDepthカメラを搭載し、人が動いても画面の中心に保つことができる「センターフレーム」機能に対応しています。背面には12MPの広角カメラと、10MPの超広角カメラ、LiDARスキャナを搭載しています。

Wi-Fi + Cellularモデルでは新たに5Gに対応しています。USB-Cポートもアップグレードされ、ThunderboltとUSB 4に対応しており、40Gbpsの高速転送が可能となります。

ストレージは128GB、256GB、512GB、1TBと、2TBの5種類が用意されています。

また、Magic Keyboardには新色のホワイトが追加されています。

価格は11インチモデルが94,800円〜、12.9インチモデルが129,800円です。予約は4月30日(金)受付開始で、発売は5月後半に予定されています。