Appleが折りたたみ式「iPhone」を検討、2021年モデルでは画面内Touch IDをテスト

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、Appleは折りたたみ式の「iPhone」を検討しているようだと伝えています。

Appleは折りたたみ式画面を搭載したiPhoneの初期開発を始めており、折りたたみ式ディスプレイの試作機を開発しているようですが、発売計画は固まっておらず、まだ画面のみの開発にとどまっているとのことです。

ガーマン氏は、折りたたみ式iPhoneは登場が何年か先になるか、発売されない可能性もあるとしています。

また、2021年発売の新しいiPhoneは、大きな変更のないマイナーアップグレードになるようで、AppleのエンジニアはiPhone 12の「S」バージョンとみなしているそうです。

全体の変更はマイナーになるものの、Appleは画面内に指紋センサー「Touch ID」を埋め込むテストを進めているとのことです。

さらに、AppleはiPhoneの一部の機種で充電ポートを廃止してワイヤレス充電のみにすることを検討しているそうです。