iOS 14にダウンロードしていないアプリの機能が使える新API「Clips」

9to5Macが、iOS 14の初期ビルドに、Androidの「Slices」機能に似た「Clips」という新しいAPIが含まれていると伝えています。

Clipsにより、アプリにリンクされたQRコードをスキャンすると、そのアプリをインストールしていなくても、画面に表示されるフローティングカードでアプリの一部の機能を利用できるようになるとのことです。

例えば、YouTubeアプリをインストールしていない場合にYouTubeビデオにリンクされたQRコードをスキャンすると、フローティングカードでネイティブのユーザインターフェイス付きでビデオが表示されるようになります。

また、AppleはOpenTable、Yelp、DoorDash、ソニー(PS4 Second Screenアプリ)、YouTubeとiOS 14の新機能をテストしているそうです。