「iOS 14」タグアーカイブ

Apple、「iOS 14」を発表

Apple Inc.が、「iOS 14」を発表しています。

iOS 14は、ホーム画面の最後のスペースにアプリケーションをカテゴリ別などに自動で整理できる「Appライブラリ」や、情報量が増え、サイズを変更可能で、ホーム画面に追加できるようになった「ウィジェット」、時間や場所、アクティビティに応じたウィジェットを自動表示する「スマートスタック」、ビデオのピクチャ・イン・ピクチャ再生機能を搭載しています。

iOS 14では、スクーターをレンタルする、コーヒーを購入する、パーキングメーターの支払いをするといったときに必要なアプリをインストールしていなくても、そのアプリの機能を利用できる「App Clips」も追加されています。App Clipsはアプリケーションの一部で容量は10MB以下に制限されており、店舗などに設置されたApp Clipsコード、NFCタグ、QRコードや、メッセージの共有、Safariからすぐにアクセスできるようになっています。

「メッセージ」アプリは、デバイス間で同期可能なメッセージのピン留め機能、20種類以上の髪型や被り物が追加され、年齢の選択肢が増えたミー文字、インライン返信機能、メンション機能といった新機能を搭載しています。

「マップ」アプリは、おすすめのレストラン、お店、名所を紹介する「ガイド」、自転車ルートの表示、充電スポットへも案内する電気自動車向けルートの表示が利用できます。

「Siri」はコンパクトなデザインに変更され、音声メッセージを録音してメッセージで送信できる機能が追加されました。11言語対応の「翻訳」アプリも新たに搭載しています。

「CarPlay」には、壁紙や新しいカテフゴリーのアプリケーションの対応が追加されています。また、来月発売のBMW 5シリーズから、iPhoneやApple Watchでロックを解除して始動できるデジタルキー「Car Key」が利用できるようになり、iOS 13でも使えるようになります。さらに、来年からはU1チップを利用した超広帯域技術により、iPhoneをポケットやカバンから取り出さずにロック解除して車を始動できるようになると予定です。

iOS 14のデベロッパベータは本日より入手可能で、パブリックベータは来月公開されます。iPhone 6s以降に対応しており、正式版は秋に無料で提供される予定です。

「iOS/iPadOS 14」、Safariが翻訳機能を搭載、ウェブサイトでApple Pencilをサポート

9to5Macが、「iOS 14」「iPadOS 14」ではSafariが翻訳機能を搭載し、ウェブサイトでApple Pencilをサポートするようだと伝えています。

iOS 14の初期ビルドのコードによると、Safariはサードパーティーのアプリやサービスを利用することなくウェブページの自動翻訳が可能になるとのことです。AppleはApp Storeといった他のアプリでも翻訳機能をテストしているそうです。

また、iPadOS 14ではウェブサイトでApple Pencilをサポートするようで、Safariや他社のウェブブラウザでApple Pencilを使ってウェブページへの書き込みが可能になるようです。

iOS 14にダウンロードしていないアプリの機能が使える新API「Clips」

9to5Macが、iOS 14の初期ビルドに、Androidの「Slices」機能に似た「Clips」という新しいAPIが含まれていると伝えています。

Clipsにより、アプリにリンクされたQRコードをスキャンすると、そのアプリをインストールしていなくても、画面に表示されるフローティングカードでアプリの一部の機能を利用できるようになるとのことです。

例えば、YouTubeアプリをインストールしていない場合にYouTubeビデオにリンクされたQRコードをスキャンすると、フローティングカードでネイティブのユーザインターフェイス付きでビデオが表示されるようになります。

また、AppleはOpenTable、Yelp、DoorDash、ソニー(PS4 Second Screenアプリ)、YouTubeとiOS 14の新機能をテストしているそうです。

iOS 14のホーム画面ウィジェットと壁紙設定

9to5Macが、iOS 14のコードには「Avocado」(アボカド)と呼ばれるホーム画面ウィジェットに関する記述があると伝えています。

Appleは、アプリのアイコンのように移動できるホーム画面上のウィジェットをiOS/iPadOS 14で開発しているようです。この機能はまだ実装中で、廃止される可能性もあるとのことです。

また、TwitterユーザのDongleBookProさんが、iOS 14の壁紙の設定画面のスクリーンショットを投稿しています。壁紙はコレクションで分類されており、ホーム画面で使用する壁紙のアピアランスを黒、単色、グラデーションに変更できる設定が追加されています。

iOS 14の「キーチェーン」は2ファクタ認証などをサポート

9to5Macが、iOS 14では「キーチェーン」が強化されるようだと伝えています。

現在のキーチェーンは、他のサイトで同じパスワードを設定した場合に通知する機能や2ファクタ認証に対応していませんが、iOS 14の初期ビルドのコードには、パスワードの使い回しを警告する機能や、2ファクタ認証のサポートを示す記述があるとのことです。

Apple、BMWと共に「CarKey」機能を開発

9to5Macが、iOS 14のコードによると、AppleはBMWと共同で「CarKey」機能を開発しているようだと伝えています。

CarKeyはiOS 13.4で発見されたバーチャルキー機能で、iPhoneやApple Watchを使って車のドアロックを施錠/解錠、エンジンを始動することができるようです。

9to5MacがBMWに問い合わせたところ、「現在のところ認めることも詳細を伝えることもできないことをご理解ください。」という回答があり、Digital Key規格への取り組みを発表したプレスリリースを紹介してきたたとのことです。

AppleとBMWは、スマートフォンを車の鍵にすることができるDigital Key規格を策定するCar Connectivity Consortiumに参加しています。

iOS 14で「Apple Maps」と「CarPlay」がアップデート

9to5Macが、iOS 14では「Apple Maps」と「CarPlay」もアプデートされていることが分かったと伝えています。

iOS 14のコードによると、Apple MapsではApple Storeの修理サービスや下取りサービスの実施状況といったより詳しい情報を表示するようになっているとのことです。

CarPlayはカスタム壁紙をサポートするようで、Appleは現在iOS 13のデフォルト壁紙でテストしており、壁紙のライトバージョンとダークバージョンの自動切替にも対応するそうです。

「iOS 14」はApple Pencilで書いた文字をテキストデータに変換可能に?

MacRumorsが、iOS 14は新しい手書き文字認識機能「PencilKit」を搭載する可能性があると伝えています。

PencilKitは、テキスト入力フィールドでApple Pencilを使って書いた文字をテキストデータに変換する機能とのことです。iOSのあらゆるテキスト入力フィールドで利用できるようです。