「Apple Card」タグアーカイブ

Apple、「Apple Card」の申し込み方法を案内

MacRumorsが、「Apple Card」の申し込み方法を案内したウェブサイトが公開されたと伝えています。

AppleはApple Card Previewへの招待メールを送っているようで、このメールを受け取るとApple Cardの申し込みが可能になります。

Apple CardはWalletアプリで申し込み可能で、Walletアプリを開き、右上の「+」ボタンをタップしてApple Cardを選択し、氏名、誕生日、メールアドレス、電話番号を入力すると、クレジットスコアに基づいた上限と年率が表示され、承認するとApple Payに追加されます。

Apple Cardは今月より米国で提供が開始される予定です。

「Apple Card」、米国で8月より提供開始

MacRumorsが、AppleのCEOであるティム・クック氏が第3四半期の業績発表にともなうカンファレンスコールで、米国で8月より「Apple Card」の提供を開始することを明らかにしたと伝えています。

Apple Cardは、新しいタイプのクレジットカードで、Walletアプリで契約してApple Payで使用することができます。手数料や年会費は無く、金利を確認しながら支払額を決定できるオプションなどが利用できます。

Apple Payが利用できない店舗で使えるチタニウム製の物理カードも用意されています。

「Apple Card」の物理カードの写真

9to5Macが、ベンジャミン・ジェスキン氏がAppleのクレジットカード「Apple Card」のチタニウム製物理カードの写真をTwitterで公開していると伝えています。

このカードは、Appleの従業員に発行されたもので、名前の部分は情報源保護のため変更されています。

Apple Cardは、米国で夏に提供される予定です。

Apple、クレジットカード「Apple Card」を発表

Apple Inc.が、新タイプのクレジットカード「Apple Card」を発表しています。

Apple Cardは、iPhoneのApple Walletアプリで数分で契約可能で、Apple Pay対応の店舗や、アプリ内、オンラインで利用できます。Walletアプリ内で全ての取引をリアルタイムで確認可能で、自動でカテゴリーごとに色分けして管理できるようになっています。また、Apple Cardで買い物するたびに2〜3%のキャッシュバックが毎日受けられます。手数料は無料で、金利も抑えられるようになっています。

また、Apple Payが利用できない店舗で使えるチタニウム製のApple Cardも用意されています。このカードにはカード番号や、セキュリティーコード、署名が入っていません。

Apple Cardは夏より米国で提供される予定です。