Apple Vision Proで使えるハンドハンドジェスチャー

MacRumorsが、Appleが「Apple Vision Pro」のハンドジェスチャーのやり方を解説したサポートドキュメントを公開したと伝えています。

Vision Proのハンドジェスチャーはアウトカメラで追跡するため、明るい場所で使用し、汚れがないことを確認する必要がああります。ジェスチャーで操作する場合は腕を上げる必要はなく、手を机の上や膝の上に置いた状態で行うことができます。

手袋、長袖、手の大部分または全体を覆う大きなジュエリーはジェスチャー追跡に影響する可能性があるとのことです。

  • タップ
    アイテムを選択するには、要素を見て親指と人差し指でタップします。
  • ピンチしてドラッグ
    アイテムを移動するには、アイテムを見て親指と人差し指でつまみ、親指と人差し指をつけたまま手を動かして目的の場所に移動したら指を離します。
  • ピンチしてフリック
    コンテンツを素早く移動またはスクロールするには、親指と人差し指でつまんで手首を上下に動かして指を離すという一連の動作を1回のスムーズな動きで行います。
  • ピンチしてその他のオプションを見る
    その他のオプションを見るには、アイテムを見て親指と人差し指をタップしてホールドします。
  • タッチ
    visionOSの特定の要素を指で直接操作できます。仮想キーボードの場合は、両手の1本の指でキーに直接タッチして入力できます。

他にも、両手を使うズームや回転といったジェスチャーも使用できます。

ー 広告 ー