2024年発売の「Apple Watch」、マイクロLEDや血糖値モニタリング機能は搭載せず

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、2024年発売の「Apple Watch」には革新的な機能は搭載されないようだとレポートしています。

クオ氏は、2024年モデルにはマイクロLEDディスプレイや血糖値モニタリング機能などは搭載されないだろうと予想しています。

Apple自社開発のマイクロLEDディスプレイは、2025年モデルに採用される可能性が高いものの、2026年に延期されても驚かないとしています。

香港Haitong International Securities Group社のアナリストであるジェフ・プー氏や、リーカーの刹那数码は、マイクロLEDディスプレイを搭載したApple Watchは2025年に発売されるようだと述べています。

血糖値モニタリング機能については、おそらく2025年でも実現しないだろうと同氏は予想しています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は、血糖値モニタリング機能の実装まで少なくともあと3〜7年はかかるだろうと述べています。