Apple、iMessage/Apple ID/iCloudを保護する高度なセキュリティ機能を発表

Apple Inc.が、クラウド内のユーザデータに対する脅威から保護する3つの高度なセキュリティ機能を発表しています。

「iMessage Contact Key Verification」は、ジャーナリスト、人権活動家、政府関係者など、重大なデジタル脅威に直面しているユーザなどが、意図した相手とのみ通信していることを確認することができるセキュリティ機能です。

iMessage Contact Key Verificationを有効にしているユーザ間の会話は、国家が支援する攻撃者などの非常に高度な敵対者がクラウドサーバに侵入して暗号化された通信を傍受することに成功した場合に、警告を受け取れます。

iMessage Contact Key Verificationは、2023年前半から利用できるようになります。

「Security Keys for Apple ID」は、著名人、ジャーナリスト、政府関係者など、公開しているプロフィールが原因でオンラインアカウントに対する脅威に直面しているユーザなどが、Apple IDアカウントへのサインインにサードパーティ製のハードウェアセキュリティキーを必要とする設定にできるセキュリティ機能です。

2ファクタ認証の1つにハードウェアセキュリティキーを要求することで、セキュリティをさらに強化することができます。

Security Keys for Apple IDは、2023年前半から利用できるようになります。

「Advanced Data Protection for iCloud」は、iCloudバックアップ、写真、メモなどの重要なiCloudデータをエンドツーエンドの暗号化で保護するセキュリティ機能です。

iCloudはすてに14の機密データカテゴリをエンドツーエンドの暗号化で保護しており、Advanced Data Protectionを有効にするとエンドツーエンドの暗号化で保護する機密データカテゴリは23に増加します。

対象外のiCloudデータカテゴリはメール、連絡先、カレンダーのみで、これらはグローバルな電子メール、連絡先、カレンダーシステムと相互運用する必要があるためとしています。

Advanced Data Protection for iCloudは、本日より米国のApple Beta Software Programのメンバーに提供され、年末までに米国のユーザが利用できるようになります。米国以外では2023年前半から提供される予定です。