「iPhone 15 Pro Max」「iPhone 16 Pro」「iPhone 16 Pro Max」の望遠カメラはペリスコープに

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、2023年後半に発売される「iPhone 15 Pro Max」と、2024年後半に発売される「iPhone 16 Pro」「iPhone 16 Pro Max」にはペリスコープ構造の望遠カメラが採用されるだろうと予想しています。

クオ氏は、iPhone 15とiPhone 16のペリスコープ望遠レンズの主な仕様が同様で、1/3インチ12MP、f/2.8、センサーシフトのサポート、5〜6倍光学ズームといった仕様になるだろうと述べています。

ペリスコープ望遠レンズは、反射鏡で光を90°屈曲させることで、奥行きのあるレンズモジュールを横向きに配置して本体の厚さを抑えることができる技術です。