iPhone 14の背面カメラレンズに品質問題、出荷への影響はなし

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズにもう一つの品質の問題が見つかったものの、出荷に影響はないだろうとツイートしています。

台湾Genius Electronic Optical社のiPhone 14向け背面カメラレンズにはコーティングにクラックが発生する問題があり、Appleは1,000万枚のレンズの注文を台湾Largan Precision社に振り替えたようです。

Larganは不足分を十分に補うことができるため、iPhone 14シリーズの出荷への影響はほとんど無視できるとのことです。

クオ氏は以前、iPhone 14シリーズのメモリとパネルのサプライヤーに供給の問題があるものの、影響は限定的であると述べていました。