「iPhone 14」シリーズは前面カメラがアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」は前面カメラがアップグレードされるとレポートしています。

クオ氏によると、前面カメラは固定フォーカスからオートフォーカスにアップグレードされ、セルフィーとビデオの性能が大幅に向上するそうです。レンズ構成は5枚から6枚にアップグレードされるとのことです。

iPhone 14シリーズ全4機種の前面カメラがアップグレードされ、絞り値ƒ/1.9のレンズを搭載する見込みです。

前面オートフォーカスカメラのサプライヤーは、CIS(CMOSイメージセンサー)がソニー社、レンズが台湾Genius Electronic Optical社と台湾Largan Precision社、VCM(ボイスコイルモータ)がアルプスアルパイン社と中国Luxshare ICT社、CCM(CMOSカメラモジュール)が韓国LG Innotek社と韓国Cowell社となるようです。