Apple、「iOS 16」を発表

Apple Inc.が、「iOS 16」を発表しています。

iOS 16の新機能

新しいロック画面
お気に入りの写真を表示したり、フォントを変更したりしてカスタマイズ可能に。奥行きがあるようなマルチレイヤーエフェクト採用。ウィジェットを追加可能。複数のロック画面を作成してスワイプで切り替え可能。スポーツの試合、ワークアウト、出前の注文などの現在の状況を把握できる「ライブアクティビティ」機能(年内に利用可能)。

集中モード
ロック画面の壁紙やウィジェットと特定の集中モードを連動させることが可能に。集中モードを有効にするには対応するロック画面に切り替えるだけ。

iCloud共有写真ライブラリ
自分を含めて最大6人で写真やビデオを共有できる写真ライブラリを作成可能。共有メンバー全員が写真やビデオの追加、削除、編集が可能。

メッセージApp
送信後15以内のメッセージの編集や取り消す、メッセージを未開封にする、誤って削除したメッセージを復元する(削除後最大30日間)といった新機能を搭載。
メッセージでもSharePlayを利用可能に。

メールApp
メールを送信する時間を設定する、送信後10秒以内のメールの送信を取り消す、メッセージを再確認するようリマインダーを設定するといった新機能を搭載。
より関連性や精度の高い検索結果を表示可能に。

「テキスト認識表示」と「画像を調べる」
テキスト認識表示が一時停止したビデオフレーム内のテキストに対応。
画像を調べるでは、タップで画像から対象物を抜き出したり、背景を削除して対象物だけにすることが可能に。

「Apple Payで後払い」と「注文の追跡」
Apple Payで後払いは、米国のユーザーが購入代金を無利子・手数料なしで6週間にわたる均等な4回払いに分割できる支払い方法。
注文の追跡は、対応業者でApple Payを使って購入すると、詳細なレシートと注文追跡情報をウォレットで確認できる機能。

次世代のCarPlay
車内にある複数の画面にコンテンツを提供可能に。ユーザーはCarPlayから直接ラジオを操作したり、空調を変更したり、計器類のデザインを変更したりできるように。次世代CarPlayの詳細今後発表予定。対応車種は来年後半に発表。

Appleマップ
複数の経由地を持つ経路案内が可能に。移動にかかる運賃の確認、交通系ICカードのウォレットへの追加、残高の確認やチャージなどにも対応。

フィットネスアプリケーション
Apple Watchを持っていなくても全てのiPhoneユーザーが利用可能。

ヘルスケアアプリケーション
服用している薬を管理、確認できる「服薬」が追加。

パーソナライズされた空間オーディオ
iPhoneのTrueDepthカメラで空間オーディオの個人用プロファイルを作成可能に。

対応機種は、iPhone 8以降です。

iOS 16のデベロッパ向けベータ版は本日より、パブリックベータ版は来月中に提供され、正式版は秋に無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。