「iPhone 14 Pro」の背面カメラ、48MPへのアップグレードにより大型化

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14 Pro」シリーズは背面カメラが大きくなるのは48MPカメラを搭載するためであるとツイートしています。

iPhone 14 Pro/Maxは背面の広角カメラが48MPにアップグレードされる予定で、12MPのiPhone 13 Pro/Maxと比べてコンタクトイメージセンサー(CIS)の対角線の長さは25〜35%、48MPの7枚構成レンズの高さは5〜10%増しとなるようです。

マックス・ワインバック氏が以前公開したiPhone 14 Pro/MaxのCAD画像によると、背面カメラのサイズはiPhone 14 Proが幅36.71×高さ38.24×飛び出し4.17mm、iPhone 14 Pro Maxが幅36.73×高さ38.21×飛び出し4.17mmで、iPhone 13 Pro/Maxよりも幅が1.7〜1.72mm、高さが1.97〜2.0mm、飛び出しが0.57mm増しとなっています。