MAXON、「Maxon One」をアップデート

MAXON Computer GmbHが、オールインワンサブスクリプションバンドル「Maxon One」のアップデートを発表しています。

新しい「Cinema 4D Release 25」は、ユーザーインターフェイスの向上、Illustrator、PDF、SVGのベクターアートワークを3Dシーンで使用できるようになるスプラインのインポート機能、プラグインのような機能でCinema 4Dのシーンノードシステムを直接クラシックオブジェクトマネージャで利用できるカプセル化機能を搭載しています。

Trapcode Suite 17」は、FormのビヘイビアをParticularに導入することで、ParticularとFormを同じ3D空間で扱得るようになっています。また、On Predator/Prey ContactとTeam Designationsの追加によるFlockingシミュレーションのアップグレード、Designerでのシステム管理機能の改善、Adobeのマルチフレームレンダリングのサポートも追加されています。

VFX Suite 2」には、映像にマズルフラッシュを簡単に追加できる3Dマズルフレアジェネレーター「Bang」が追加されています。

Magic Bullet 15」は、Appleシリコン搭載Macに最適化され、Adobe After Effectsのマルチフレームレンダリング(MFR)をサポートしています。さらに、Cosmo、Mojo、Film、RenoiserではAppleのMetal Graphics APIを利用できるようになっています。