「iPhone 13」は常時表示ディスプレイなどを搭載

9to5Macが、今年発売される新しい「iPhone 13」は常時表示ディスプレイなどを搭載するようだと伝えています。

EverythingAppleProマックス・ワインバック氏から提供された情報として、iPhone 13 Proは、背面のマット加工が改善され、Google Pixelシリーズのようなソフトマットの質感になるとレポートしています。筐体のデザインはiPhone 12シリーズと同じになるそうです。

さらに、iPhone 13 Proは120Hz駆動の常時表示ディスプレイを搭載し、常に時間、バッテリー状況、通知などを確認できるようになるとしています。

iPhone 13シリーズは他にも、さらに強力になったMagSafeや、カメラを夜空に向けると自動で天文写真撮影モードに切り替わる機能、改良された超広角レンズ、ポートレートビデオモードも搭載するそうです。

また、「Apple Watch」に新たに搭載されると噂されている血糖値測定機能やメンタルヘルスモニタリング機能は、今年のモデルには間に合わないと述べているとのことです。