「LINE」のグループビデオ通話でパソコン画面の共有が可能に

LINE株式会社が、「LINE」のグループビデオ通話機能でパソコンの画面を共有できる機能を追加したと発表しています。

バージョン5.23.0以降のパソコン版LINEでは、グループビデオ通話中にパソコンの画面を共有できるようになり、共有されたパソコンの画面はスマートフォン版でも確認できます。

画面シェア機能は3〜200人のグループビデオ通話で利用できます。参加者の顔はパソコン版では16人、スマートフォン版では4人まで同時表示可能で、発言者はフォーカスされるようになっています。