「ソーシャルネットワーキング」カテゴリーアーカイブ

Mac版「LINE」アプリがアップデート

LINE株式会社が、macOS向けアプリ「LINE」[Mac App Store]をアップデートしています。

バージョン6.0.2では、アプリ全体のフォントを変更できる設定、トークルームやノートのメッセージ書式をTouch Barで設定できる機能、画面左下の全トークルームの通知オン/オフ設定ボタン、ビデオ通話やLive利用時に背景を適用できる機能、由にテキストを編集できるメッセージスタンプのサポートといった新機能を搭載しています。

「LINE」、グループ通話でYouTubeを一緒に視聴できる機能を提供

LINE株式会社が、スマートフォン向けアプリ「LINE」[App Store]のグループビデオ通話機能と音声通話に新機能を追加したと発表しています。

新しいバージョン10.6.5は、グループ通話中の友だちとスマートフォンの画面を共有する、または、YouTubeを一緒に視聴できる「みんなで見る」機能を搭載しています。

また、グループビデオ通話で表示する人数がスマートフォンでは最大6人、iPadでは最大9人に拡大されています。音声通話では参加者をグリッドビューとリストビューの2種類で表示できるようになっています。

「Twitter for Mac」がタイムラインストリーミングに対応

Twitter, Inc.が、macOS向けTwitterクライアント「Twitter」[Mac App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン8.17では、新しいツイートがあるとタイムライントップに表示する「一番上に固定」機能が追加されています。また、日本語入力時に変換対象に下線が表示されない問題や、ツイート作成画面で常に写真へのアクセス許可が表示される問題が修正されています。

「LINE」のグループビデオ通話でパソコン画面の共有が可能に

LINE株式会社が、「LINE」のグループビデオ通話機能でパソコンの画面を共有できる機能を追加したと発表しています。

バージョン5.23.0以降のパソコン版LINEでは、グループビデオ通話中にパソコンの画面を共有できるようになり、共有されたパソコンの画面はスマートフォン版でも確認できます。

画面シェア機能は3〜200人のグループビデオ通話で利用できます。参加者の顔はパソコン版では16人、スマートフォン版では4人まで同時表示可能で、発言者はフォーカスされるようになっています。

「LINE」のホームタブがリニューアル

LINE株式会社が、iOS/iPadOS向け無料通話・メールアプリ「LINE」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン10.1.0では、ホームタブがリニューアルされ、表示させたいサービスを選択できるカスタマイズ機能が追加されています。また、写真の傾き調整機能と左右反転機能も搭載しています。

iOS/iPadOS向け「Twitterrific」、スレッドオプションなどが追加

The Iconfactoryが、iOS/iPadOS向けのTwitterクライアント「Twitterrific 6.1.5」[App Store]を配布しています。

このバージョンでは、ツイート作成画面にスレッドを作成できるオプションや、長押しでビデオやGIFアニメーションを保存できる機能、Twitterrificを開いている間はスリープしない設定が追加されています。

iOS/iPadOS向け「LINE」がダークモードに対応

LINE株式会社が、iOS/iPadOS向け無料通話・メールアプリ「LINE」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン9.19.0では、ダークモードに対応しています。また、ストーリーの閲覧リストから特定の友だちを非公開リストに追加できる機能や、LINEで医師に健康相談できる「LINEヘルスケア」が追加されています。

「Instagram」アプリ、自分のQRコードを表示可能に

Facebook, Inc.が、スマートフォン向けアプリ「Instagram」[App Store]に、自分のQRコードを表示できる機能を追加したと発表しています。

プロフィール画面の右上にある3本線をタップしてQRコードにアクセスできます。これをカメラでスキャンするとフォローする、またはプロフィールを見ることができます。自分のQRコードをダウンロードしてプリントすることもできます。

この機能は日本のみで提供されており、他の国での提供も検討する予定とのことです。

Twitterが「Live Photos」をサポート

Twitter Inc.が、「Live Photos」をGIFとしてアップロードできるようになったと発表しています。

Live Photoを選んでGIFボタンをタップすると、GIF形式でアップロードできます。