「iOS 13.1」「iPadOS 13.1」「tvOS 13」リリース

Apple Inc.が、「iOS 13.1」「iPadOS 13.1」「tvOS 13」をリリースしています。

iOS 13.1は、ショートカットAppのオートメーションや、マップAppの到着予定時刻の共有といった新機能が追加されています。U1チップを搭載したiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxでは、AirDropで共有する際にiPhoneを相手のiPhoneに向けると、その相手がリストの最初に表示される機能が利用できるようになっています。 iOS 13.1は、iPod touch (第7世代)にも対応しています。

iPadOSは、「今日」表示を追加できる新しいホーム画面や、複数のファイルや書類を同じアプリで分割表示できるSplit View、複数のアプリを切り替えられるSlide Over、Apple Pencilで画面のコーナーからスワイプしてウェブページ/書類/メールをマークアップまたは送信できる機能、カラム表示やフォルダ共有、USBドライブ、SMBファイルサーバなどをサポートした「ファイル」などを利用できます。

iPadOSは、iPad Pro、第5世代iPad以降、iPad mini 4以降、iPad Air 2以降に対応しています。

tvOS 13は、新しいホーム画面、マルチユーザのサポート、Apple Arcadeのサポート、Xbox One SとPlayStation DualShock 4のサポート、新しい4K HDRのスクリーンセーバーなどが追加されています。

tvOS 13は、Apple TV 4KとApple TV HDに対応しています。

第2および第3世代Apple TV向けの「Apple TV ソフトウェア・アップデート 7.4」も配布しています。