「iPhone 11」はA13チップや新しいTaptic Engineなどを搭載

9to5Macが、今年の秋に発売される新しい「iPhone」は3機種になるようだと伝えています。

iPhone 11は、iPhone XSの後継機の「D42」(機種ID:iPhone12,3)、iPhone XS Maxの後継機の「D43」(機種ID:iPhone12,5)、iPhoen XRの後継機の「N104」(機種ID:iPhone12,1)の3機種のラインナップとなるようです。

新しいiPhoneは、「A13」チップや、コードネーム「leap haptics」と呼ばれる新しい「Taptic Engine」などが搭載されるそうです。leap hapticsの詳細については不明とのことです。

超広角レンズを含むトリプルカメラ構成のD42とD43は、写真やビデオのフレーム部分の周囲を含めて撮影することで構成の調整や自動パース歪み補正が行える「Smart Frame」機能を搭載するそうです。新しいiPhoneの前面カメラは、120fpsのスローモーション撮影が可能になるとのことです。

iPhone 11を目撃した人物によると、3機種ともLightningポートを搭載していたそうです。