「macOS App」タグアーカイブ

Adobe、iPad版「Illustrator」などをリリース

Adobe Inc.が、「Adobe MAX 2020」にて、iPad版「Illustrator」[App Store]、iPhone版「Fresco」[App Store]や、「Illustrator」「Photoshop」「Lightroom」「Premiere Pro」「After Effects」などのアップデートを発表しています。

IllustratorのiPad版は、タッチやApple Pencil向けに再設計したもので、ペン/鉛筆/塗りブラシといったコア描画ツール、20以上のカラーパレット、放射状/グリッド/ミラーのリピートツール、18,000種類以上のフォントなどを搭載しています。

iOS 13.4以降が動作するiPad Pro、第3世代以降のiPad Air、第6世代以降のiPad、第5世代iPad miniに対応しています。価格は月額1,080円です。

デスクトップ版では、ワンクリックでカラーテーマを全体に適用できる「オブジェクトの再配色」、Photoshopクラウドドキュメントを埋め込むことができる機能、スマートグリフのスナップ機能、テキスト配列の機能強化などが追加されています。

Photoshopのデスクトップ版は、Adobe Senseiの技術を活用してさまざまなアイデアを試すことができる「ニューラルフィルター」、空を置き換えてシーンのカラーを自動調整する「空の置き換え」、アプリ内で クラウドドキュメントのバージョンを管理できる機能、クラウドドキュメントをオフラインで使用できるオプション、パターンプレビューモードなどを搭載しています。

Lightroomのデスクトップ版とモバイル版は、シャドウ/中間調/ハイライトのカラーコントロールが可能な「カラーグレーディング」、グラフィック透かし機能、ベストショットの自動選択、編集内容の各段階をバージョンとして自動保存する機能などが追加されています。

Premiere Proでは、パフォーマンスの強化や、「テキストの書き起し」機能のプレビュー、After Effectsでは、前景オブジェクトと背景を分離する「ロトブラシ2」、3D変形ギズモや強化されたカメラツールなどが追加された「3Dデザインスペース」といった新機能を搭載しています。

Seratoのタイムストレッチ&ピッチシフトプラグイン「Pitch ‘n Time」が30%オフ

株式会社銀座十字屋ディリゲント事業部が、ニュージーランドSerato社のタイムストレッチ&ピッチシフトプラグイン「Pitch ‘n Time」シリーズの30%オフセールを実施しています。

セール価格は「Pitch ‘n Time Pro」が63,000円(税別、通常90,000円)、「Pitch ‘n Time LE」が31,500円(税別、通常45,000円)で、期間は10月30日(金)までです。

iCab 6.0.4

iCabが、ウェブブラウザ「iCab 6.0.4」を配布しています。

このバージョンでは、AdblockPlusウェブサイトのフィルタリスト読み込み、Mac App StoreへのリンクをApp Storeアプリで開く、ウェブページ内検索のライブ検索、タブを閉じるの取り消し、ビデオのピクチャ・イン・ピクチャ(macOSがサポートしている場合)などをサポートしています。

横スクロールアクションゲームを搭載した「Vivaldi 3.4」

Vivaldi Technologies ASが、ウェブブラウザ「Vivaldi 3.4」をリリースしたと発表しています。

このバージョンでは、横スクロールアクションシューティングゲーム「Vivaldia」を搭載しています。Vivaldiaは,
からスタートスピードダイヤルの右下にあるボタンからアクセスできます。

また、右クリックコンテキストメニューの順番変更とカスタムリンクの追加、タブの自動リロード機能、スクリーンショットを新規メモとして保存できる機能、同期されていないプロファイルのカスタム画像設定といった新機能も搭載しています。