「iPhone」タグアーカイブ

アイ・オー、スマートフォン用CDレコーダー「CDレコ6」にメモリーコピー機能を追加

株式会社アイ・オー・データ機器が、スマートフォン用CDレコーダー「CDレコ6」にメモリーコピー機能を追加しています。

CDレコ6は、iPhone/iPadやAndroidスマートフォン/タブレットとワイヤレスで接続して音楽CDを取り込むことができるCDレコーダーで、SDカードスロットとUSBポートを搭載しており、スマートフォンに取り込んだ音楽をSDカードやUSBメモリにコピーしてカーオーディオなどで再生することができます。

専用アプリCDレコミュージック[App Store]の最新バージョンでは、SDカードやUSBメモリに入れた音楽データをCDレコ6経由でスマートフォンにコピーできる機能が追加されており、パソコンやカーオーディオの音楽をスマートフォンで聴けるようになっています。

エレコム、スマホ用リストストラップ4シリーズ発売

エレコム株式会社が、スマートフォン用リストストラップ4シリーズを発売しています。

  • P-STHPAL
    パール調の16cm長リストストラップ。スマートフォンとケースの間に挟んで使えるケーブル穴1口用とスピーカー穴2口用のストラップホールシートが付属。
    価格:1,780円[9%オフの1,618円で提供中]
  • P-STHPLBK
    ソフトレザー採用の16cm長リストストラップ。スマートフォンとケースの間に挟んで使えるケーブル穴1口用とスピーカー穴2口用のストラップホールシートが付属。
    価格:1,780円
  • P-STHR08シリーズ
    丸紐タイプの16cm長リストストラップ。スマートフォンとケースの間に挟んで使えるケーブル穴1口用とスピーカー穴2口用のストラップホールシートが付属。
    価格:1,780円[9%オフの1,618円で提供中]
  • P-STHSIシリーズ
    の16cm長リストストラップ。スマートフォンとケースの間に挟んで使えるケーブル穴1口用のストラップホールシート×2が付属。
    価格:1,280円

Apple、iPhoneのリバースワイヤレス充電機能を開発 搭載はiPhone 15以降か

9to5Macが、Appleは現在もiPhoneのリバースワイヤレス充電機能に取り組んでいるようだと伝えています。

リバースワイヤレス充電は、受電だけでなく送電もできる双方向ワイヤレス充電機能で、iPhoneに搭載されればiPhoneをワイヤレス充電できるだけでなく、iPhoneでAirPodsなどのQi対応デバイスを充電できるようになります。

Appleは以前よりiPhoneのリバースワイヤレス充電機能を開発していると噂されており、Appleが米国連邦通信委員会(FCC)に提出した書類には、iPhone 12シリーズはアクセサリを充電できるワイヤレス充電機能をサポートしていると記載されていました。

さらに、iPhone 12以降とMagSafe バッテリーパックの組み合わせでは、iPhoneを電源につなぐことでiPhoneとMagSafe バッテリーパックの両方を充電できるようになっています。

情報筋によると、Appleは「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」でリバースワイヤレス充電をサポートする計画だったようですが間に合わなかったとのことです。しかし現在もこの機能に取り組んでおり、将来のiPhoneでの搭載を目指しているようです。

Apple、新しいハイエンド「iPhone」を検討

Bloombergのマーク・ガーマン氏がニュースレターの「Power On」で、AppleはiPhoneに新しいハイエンドモデルを追加することを検討しているようだとレポートしています。

今年発売の「iPhone 15」シリーズでは、iPhone 15 Pro Maxにペリスコープ望遠レンズが採用されてiPhone 15 Proと差別化されることで、Pro Maxが「Ultra」に変更されるのではないかという憶測を呼んでいます。

しかし、AppleはPro MaxをUltraに変更する代わりに、iPhone Pro/Pro Maxの上位モデルとなる新しいハイエンドモデルを追加することを検討しており、2024年にも登場する可能性があるとのことです。

新しい最上位モデルがどのようなものになるのかは不明とのことですが、カメラの性能向上、チップの高速化、ディスプレイの大型化や、充電ポートの廃止などが考えられるとしています。

サンワサプライ、3台同時充電対応のモバイルバッテリーを発売

サンワサプライ株式会社が、3台同時充電に対応したモバイルバッテリー「700-BTL050BK」「700-BTL051BK」を発売しています。

700-BTL050BKは容量10,000mAh、700-BTL051BKは容量20,000mAhのモバイルバッテリーで、最大20W出力のPower Delivery対応USB-Cを1基、最大18W出力のUSB-Aを2基搭載しています。3ポート同時使用時の合計最大出力は15Wです。

価格は4,480円と5,980円で、サンワダイレクト本店楽天市場店Yahoo!ショッピング店au Pay マーケット店Amazon店と、メモリダイレクトMac Supply Storeにて販売中です。

サンワサプライ、親指操作タイプのトラックボールを発売

サンワサプライ株式会社が、親指操作タイプのトラックボール3機種を発売しています。

USB接続の「400-MATB167」、2.4GHzワイヤレス接続(USB-AとUSB-Cのレシーバーが付属)の「400-MAWTB168」、Bluetooth接続の「400-MABTTB169」のラインナップで、親指で操作する直径34mmのボールと、静音仕様の左ボタン、右ボタン、進む/戻るボタン(Windowsのみ対応)、スクロールボタンを搭載しています。

分解能は600/800/1,200/1,600CPIの4段階で切り替えることができます。2.4GHzワイヤレス接続モデルとBluetooth接続モデルはUSB-C充電式で、連続動作時間は約30時間と約20時間です。

価格は4,980円、6,480円、6,980円で、下記のサンワダイレクトにて販売中です。

Anker、エコなUSB-C – Lightningケーブルを発売

アンカー・ジャパン株式会社が、「541 エコフレンドリーナイロン USB-C & ライトニング ケーブル」を発売しています。

ケーブル外装に植物由来の素材を採用したUSB-C – Lightningケーブルで、2万回の折り曲げテストをクリアしています。

ケーブル長は0.9m、1.8m、カラーはブラック、グリーンの2色です。

価格は2,190円、2,290円で、合計200本を20%オフの1,752円と1,832円で提供しています。

エレコム、跳ね上げ機構を採用したスマホ用VRゴーグルを発売

エレコム株式会社が、スマートフォン用VRゴーグル「VRG-TL01BK」を発売すると発表しています。

VRG-TL01BKは、スマートフォンを取り付けてVRアプリを楽しめるゴーグルです。ゴーグル部は上に跳ね上げられるようになっており、装着したままスマートフォンの操作や周囲の確認ができます。

歪みが少なく視野角が広いVR専用設計の非球面光学レンズを採用しており、目幅調節機能とピント調節機能も搭載しています。4.7~7.0インチのスマートフォンに対応しています。

価格は4,280円で、2月上旬発売予定です。現在9%オフの3,891円で提供中です。

サンワサプライ、連係カメラ用iPhoneホルダーを発売

サンワサプライ株式会社が、連係カメラ用iPhoneホルダー「200-STN073」を発売しています。

200-STN073は、MacBookの天板やiMacの裏面に両面テープで取り付けるマウントベースと、iPhoneをマグネットで固定するマグネットホルダーで構成されています。

マグネットホルダーは表裏どちらでもマグネットベースに取り付け可能で、iPhoneの画面を内側に向けてMacの画面と並べて設置できます。単体でスタンドとしても使用できます。厚さ7mmの折りたたみ式で、マグネットベースに取り付けておくことができます。

MagSafe非対応のiPhoneやハードケースでも使える金属リングシールも付属しています。

価格は3,280円で、サンワダイレクト本店楽天市場店Yahoo!ショッピング店au Pay マーケット店Amazon店にて販売中です。

IK Multimedia、オーディオインターフェイス搭載コンデンサーマイクを発売

IK Multimediaが、オーディオインターフェイスを搭載したコンデンサーマイク「iRig Stream Mic Pro」を発表しています。

Rig Stream Mic Proは、カーディオイド(単一指向性)、フィギュア8(双指向性)、オムニ(無指向性)、ステレオの4つのピックアップパターンを選択できるデュアルカプセルコンデンサーマイクで、調整可能な入力ゲインとカットオフ周波数を選択できるハイパスフィルターを備えています。

さらに、24-bit/96kHzオーディオインターフェース機能も搭載しており、キーボード、ミキサー、ドラムマシンを接続できる3.5mmステレオ入力端子を備えています。

スマートフォン/タブレットのアプリの再生音を配信またはレコーディングにミックスしたり、マイク信号をiPad向けアプリ「MixBox CS」にルーティングしてエフェクトをかけ、InstagramやTiktokなどの配信アプリに受け渡したりすることができる「Loopback+」機能も搭載しています。

2つのマイクカプセル、AUXステレオ入力、Loopback+をステレオにミックスする2チャンネルモードと、AUXステレオ入力、Loopback+をCh 1と2、2つのマイクカプセルをCh 3と4に送信するマルチチャンネルモードを利用できます。

iPhone、iPad、Android、Mac、PC対応で、LightningケーブルとUSB-Cケーブルが付属しています。別売のACアダプタ「iRig PSU 3A」を使用すればLightning接続のiPhone/iPadを充電しながら配信、録音することができます。テーブルスタンド、マイクスタンド用の5/8インチ – 1/4 インチネジ変換アダプタも付属しています。

市場想定価格28,050円前後で、2月下旬発売予定です。