「ARM Mac」タグアーカイブ

Apple、WWDCでARMベースMacへの移行を発表

Bloombergが、Appleは6月22日(月)開催の「WWDC20」にて、Macのプロセッサを自社設計のARMベースプロセッサに移行すると発表するようだと伝えています。

AppleはARMベースの自社製プロセッサを搭載したMacを2021年に投入する計画で、デベロッパーが準備できるよう、今月のWWDCで移行を発表する予定のようです。情報筋は、移行はまだ先のため、発表の時期は変わる可能性もあるとしています。

Bloombergは以前、最初の自社製Mac向けプロセッサは、A14ベースで5nmプロセスが採用され、8つの高性能コア、4つもしくはそれ以上の高エネルギー効率コアを搭載するようだと報じていました。

Apple、自社開発のARMベースプロセッサを搭載したMacを2021年に発売

Bloombergが、関係者の話として、Appleは2021年に自社開発のARMベースのプロセッサを搭載したMacを発売するようだと伝えています。

A14チップをベースにした最初のMac向けプロセッサは、台湾TSMC社の5nmプロセスが採用され、8つの高性能コア、4つもしくはそれ以上の高エネルギー効率コアを搭載するようです。

最初の自社開発プロセッサは、IntelベースのMacBook ProやiMac、Mac Proの性能に匹敵しないため、エントリーレベルのラップトップに搭載される可能性が高いとしています。

Appleはすでに、2021年発売のiPhoneに搭載するチップのアーキテクチャをベースにした第2世代のMac向けプロセッサの設計を開始しているとのことです。

アナリストのミンチー・クオ氏も以前、Appleは2021年にARMベースプロセッサを搭載した複数のノートブックパソコンとデスクトップパソコンを発売する計画であると述べていました。

Appleは複数のARMベースMacを2021年に発売ーーミンチー・クオ氏

MacRumorsが、Appleは2021年にARMベースのプロセッサを搭載した複数のノートブックパソコンとデスクトップパソコンを発売する計画のようだと伝えています。

アナリストのミンチー・クオ氏によると、Appleが独自設計のARMベースプロセッサに移行することで、Intelのプロセッサロードマップに依存することなくMacをアップデートできるようになり、コストを40〜60%削減できるとのことです。