Apple、自社開発のARMベースプロセッサを搭載したMacを2021年に発売

Bloombergが、関係者の話として、Appleは2021年に自社開発のARMベースのプロセッサを搭載したMacを発売するようだと伝えています。

A14チップをベースにした最初のMac向けプロセッサは、台湾TSMC社の5nmプロセスが採用され、8つの高性能コア、4つもしくはそれ以上の高エネルギー効率コアを搭載するようです。

最初の自社開発プロセッサは、IntelベースのMacBook ProやiMac、Mac Proの性能に匹敵しないため、エントリーレベルのラップトップに搭載される可能性が高いとしています。

Appleはすでに、2021年発売のiPhoneに搭載するチップのアーキテクチャをベースにした第2世代のMac向けプロセッサの設計を開始しているとのことです。

アナリストのミンチー・クオ氏も以前、Appleは2021年にARMベースプロセッサを搭載した複数のノートブックパソコンとデスクトップパソコンを発売する計画であると述べていました。