「Apple Car」タグアーカイブ

Hyundai/Kia、「Appleとは協議していない」とコメント

Bloombergが、韓国現代自動車社とその傘下の起亜自動車社が自動運転車についてAppleとは協議していないことを明らかにしたと伝えています。

現代自動車と起亜自動車は本日金融規制当局に提出した書類で、自動運転電気自動車の開発について複数の企業と協議しているものの、まだ何も決まっていないと述べています。

Bloombergは先日、Appleと現代/起亜の「Apple Car」についての交渉は数週間前に中断され、再開されるかどうかは不明であると報じており、Appleは他の自動車メーカーとも協議しているとしています。

AppleとHyundai/Kiaの交渉が中断

Bloombergが関係者の話として、Appleと現代自動車グループの「Apple Car」についての交渉が最近中断されたようだと報じています。

Appleは、現代自動車が自動運転車のプロジェクトについてAppleと協議しているとの声明を発表したことに不満を抱いているようです。

交渉が再開されるかどうかは不明とのことです。

関係者によると、Appleは他の自動車メーカーとも同様の計画について交渉を行っているそうです。

Apple Car:AppleがHyundaiと近く提携、最初のモデルはドライバーなしの完全自動運転車に

9to5Macが、Appleは自動運転車「Apple Car」の製造で近く韓国現代自動車グループと提携するようだと伝えています。

CNBCは、Appleは2024年にApple Carの製造開始を目指しているとしており、提携にこぎつければ米国ジョージア州ウェストポイントにある現代自動車グループ傘下の起亜自動車の組立工場で生産されることになるそうです。

両社はまだ合意に達しておらず、Appleが他の自動車メーカーと提携する可能性もあるとのことです。

関係者によると、Apple Carの最初のモデルはドライバーが乗るようには設計されず、フードデリバリーやロボタクシーなどをターゲットにした完全自動運転車となるようです。

AppleとHyundai、自動運転車について3月までの提携合意を目指す

9to5Macが、AppleとHyundai Motor(現代自動車)は3月までに自動運転車についての提携契約を締結し、2024年頃に米国で生産を開始する計画のようだと伝えています。

Reutersによると、Korea IT Newsが業界関係者の話として、両社はHyundai傘下のKia Motors(起亜自動車)社の米国ジョージア州の工場、または、共同出資による米国の新工場で、2024年に10万台、フル操業で年間40万台の自動運転車を生産する計画であると報じていたそうですが、現在は生産拠点や生産台数などの具体的な内容は削除されているとのことです。

Korea IT Newsは、AppleとHyundaiはApple Carのベータバージョンを2022年に公開する計画とも報じていたそうです。

[更新]AppleとHyundai、自動運転車の開発で協議中

[更新]Bloombergの続報によると、Hyundaiは自動運転車の開発についてAppleと協議中であるとの声明を、「自動運転電気自動車の開発について複数の潜在的パートナーから接触があった」という内容に変更し、Appleへの言及を削除したとのことです。


Bloombergが、Appleが韓国Hyundai社と自動運転車の開発について協議を行なっていると報じています。

Hyundaiは本日、「AppleとHyundaiは協議中ではあるものの、初期段階で何も決まっていない」との声明を発表しています。

Appleの自動運転車、発売は早くても2025〜2027年ーーミンチー・クオ氏

Reutersは先週、Appleが2024年から自動運転車の製造開始を目指していると報じていましたが、MacRumorsによるとアナリストのミンチー・クオ氏はこれについて否定的な見解を示しています。

「これまでAppleの自動運転車が2023〜2025年に登場すると予想していたが、最新の調査では現在の開発スケジュールは不明で、今年開発が始まって全てがうまくいったとしても、発売は早くとも2025〜2027年になるだろう。EV/自動運転車市場の変化やAppleの高品質基準により、発売スケジュールが2028年以降に延期されたとしても驚かない。」とクオ氏は述べています。

Appleの自動運転車、2024年に製造開始

9to5Macが、Appleは2024年にも画期的なバッテリー技術を搭載した自動運転車の製造を開始するようだと伝えています。

Reutersは情報筋の話として、Appleが2014年から開発を進めている自動運転車は、コストを大幅に抑え、航続可能距離を延ばす新しいバッテリー技術を搭載する予定で、材料を固定するポーチやモジュールを廃止することでバッテリーパック内のスペースを確保して、個々のセルを大きくする「モノセル」デザインを採用すると報じています。

また、リチウムイオンバッテリーよりも安全なLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーの採用も検討されているとのことです。

他の情報筋によると、Appleの自動運転車には、iPhone/iPadにも採用されているLiDARセンサーが複数搭載されるようです。

Appleは2024年の製造開始を目指しているそうですが、新型コロナウイルスの影響で2025年以降になる可能性もあるとしています。