Appleの自動運転車、2024年に製造開始

9to5Macが、Appleは2024年にも画期的なバッテリー技術を搭載した自動運転車の製造を開始するようだと伝えています。

Reutersは情報筋の話として、Appleが2014年から開発を進めている自動運転車は、コストを大幅に抑え、航続可能距離を延ばす新しいバッテリー技術を搭載する予定で、材料を固定するポーチやモジュールを廃止することでバッテリーパック内のスペースを確保して、個々のセルを大きくする「モノセル」デザインを採用すると報じています。

また、リチウムイオンバッテリーよりも安全なLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーの採用も検討されているとのことです。

他の情報筋によると、Appleの自動運転車には、iPhone/iPadにも採用されているLiDARセンサーが複数搭載されるようです。

Appleは2024年の製造開始を目指しているそうですが、新型コロナウイルスの影響で2025年以降になる可能性もあるとしています。