iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay on iPhone」、台湾で提供開始

Apple Inc.が、iPhoneで非接触型決済に応じることができる「Tap to Pay on iPhone」を台湾で提供すると発表しています。

Tap to Pay on iPhoneは、追加のハードウェアや決済端末が不要で、iPhoneだけでApple Pay、非接触型クレジットおよびデビットカード、その他のデジタルウォレットによる決済に応じることができます。

中國信託銀行とTapPayは、携帯会社の台灣大哥大(台湾モバイル)やタクシー事業者の55688台灣大車隊といった台湾の事業者にTap to Pay on iPhoneを提供する最初の決済プラットフォームとなり、今年後半には台北富邦銀行も加わるとのことです。

Tap to Pay on iPhoneはこれまで米国のみで提供されていました。

ー 広告 ー