Apple、新しい「Mac mini」を発表

Apple Inc.が、M2チップとM2 Proチップを搭載した新しい「Mac mini」を発表しています。

M2搭載Mac miniは、4つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された8コアCPUと10コアGPUを搭載し、100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅と最大24GBユニファイドメモリを備えています。

ポートはThunderbolt 4×2、最大5Gb/sのUSB-A×2、HDMI、ギガビットEthernet、3.5mmヘッドフォンジャックを搭載し、最大2台のディスプレイを同時に接続できます。

Intel Core i7搭載Mac mini3と比較した場合のM2搭載Mac miniの性能:

  • Pixelmator Proでの機械学習(ML)による画像アップスケーリングのパフォーマンスが最大22倍高速。
  • Final Cut Proでの複雑なタイムラインレンダリングが9.8倍高速。

前世代のM1搭載Mac mini1と比較した場合のM2搭載Mac miniの性能:

  • Final Cut ProでのProResトランスコードが最大2.4倍高速。
  • Adobe Photoshopでのフィルタと機能のパフォーマンスが最大50パーセント高速。
  • 「バイオハザード ヴィレッジ」のゲームプレイが最大35パーセント高速。

1. Apple M1、8コアCPU、8コアGPU、16GBのRAM、2TBのSSDを搭載した前世代のMac miniシステムと比較。
3. Intel UHD Graphics 630、64MBのRAM、2TBのSSDを搭載した前世代の3.2GHz 6コアIntel Core i7搭載Mac miniシステムと比較。

M2 Pro搭載Mac miniは、8つの高性能コアと4つの高効率コアで構成された最大12コアCPUと最大19コアGPUを搭載し、200GB/sのユニファイドメモリ帯域幅と最大32GBユニファイドメモリを備えています。

ポートはThunderbolt 4×4、最大5Gb/sのUSB-A×2、HDMI、ギガビットEthernet、3.5mmヘッドフォンジャックを搭載し、最大3台のディスプレイを同時に接続できます。また、HDMIは最大8K@60Hzまたは4K@240Hzに対応しています。

Intel Core i7とRadeon Pro 5500 XTを搭載した27インチiMac4と比較した場合のM2 Pro搭載Mac miniの性能:

  • Adobe Photoshopでのフィルタと機能のパフォーマンスが最大50パーセント高速。
  • Adobe Lightroom Classicでのパノラマ合成が最大5.5倍高速。
  • Final Cut Proでのオブジェクトトラッキングが最大4.4倍高速。

前世代のM1搭載Mac mini1と比較した場合のM2 Pro搭載Mac miniの性能:

  • Affinity Photoでのグラフィックパフォーマンスが最大2.5倍高速。
  • Final Cut ProでのProResトランスコードが最大4.2倍高速。
  • 「バイオハザード ヴィレッジ」のゲームプレイが最大2.8倍高速。

1. Apple M1、8コアCPU、8コアGPU、16GBのRAM、2TBのSSDを搭載した前世代のMac miniシステムと比較。
4. AMD Radeon Pro 5500 XT(8GB GDDR6搭載)、8GBのRAM、512GBのSSDを搭載した前世代の3.8GHz 8コアIntel Core i7搭載27インチiMacシステムと比較。

また、全モデルWi-Fiは6E、Bluetoothは5.3に対応しています。

カラーはシルバーの1色、価格はM2搭載Mac miniが84,800円〜、M2 Pro搭載Mac miniが184,800円〜で、本日より予約注文が開始され、米国などでは1月24日(火)、日本では2月3日(金)に発売されます。

Amazon.co.jpビックカメラ.comなどでも予約受付中です。