VMware、Appleシリコン&Intel Mac対応の「Fusion 13」をリリース

VMware, Inc.が、Mac上でWindowsを実行できる仮想化ソフトウェア「Fusion 13」をリリースしています。

新しいバージョンでは、AppleシリコンとIntelを搭載した両方のMacでWindows 11を実行できるようになっています。

Intel Macでは、Windows 11をフルサポートしており、ホストとゲスト間でドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、共有フォルダ、USBおよびカメラデバイスのパススルーなどを利用できます。

AppleシリコンMacでは、ARM版Windows 11向けの最初の機能が提供されます。このリリースではVMware Toolsは仮想グラフィックスとネットワークを提供しており、さらに多くの機能が提供される予定です。win32およびx64アプリはARM版Windows 11の内蔵エミュレーションで動作します。

Fusion 13は、個人利用は無償で、商用利用の場合は22,440円の「Fusion 13 Player」と、仮想ネットワークのカスタマイズおよびシミュレーション、vSphere/ESXiサーバへの接続、vSphereホストのリモート電源管理、リンククローンおよびフルクローンの作成をサポートした29,975円の「Fusion 13 Pro」がラインナップされています。現在30%オフの15,708円と20,983円で提供中です。