モリサワ、「Morisawa Fonts」を提供開始

株式会社モリサワが、MORISAWA PASSPORTに代わる新しいサブスクリプションサービス「Morisawa Fonts」の提供を開始したと発表しています。

Morisawa Fontsは、モリサワや他社のフォントを含む1,500書体以上のライブラリーを利用できるクラウド型のフォントサービスです。ひとつのライセンスで2台のパソコンにインストールして利用可能(同時起動不可)で、iPadでも利用できます。

フォントは、ウェブサイト上でアクティベートすることで、パソコン向け専用アプリ「Desktop Manager」(macOS 10.15以降、Windows10 20H2以降対応)と同期してインストールされます。用途に合わせてフォントをグループ化できる「フォントコレクション」機能も利用できます。

プランは、全てのフォントと機能を利用できる「スタンダードプラン」と、モリサワが厳選した5書体を無料で試すことができる「フリープラン」が用意されています。

スタンダードプランの料金は年額64,240円です。2023年10月4日(水)まで1年目が25%オフになるクーポンコード「COUPON25」を提供しています。

MORISAWA PASSPORT利用者は、契約期間中にMorisawa Fontsに移行することで、1年目と2年目の料金が25%オフになります。