新しい「MacBook Pro」と「iPad Pro」は5nmチップを搭載

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、新しい14インチおよび16インチの「MacBook Pro」と「iPad Pro」は2022年第4四半期に量産が開始される予定で、新しいチップを搭載するものの3nmプロセスではないだろうとツイートしています。

クオ氏は先日、第4四半期に量産が開始される新しい14インチと16インチのMacBook Proは、3nmチップではなく5nmチップを搭載する可能性があると述べていました。

同氏はこれについて、台湾TSMC社の3nmチップの製造サイクルは約4ヶ月のため、TSMCが9月から3nmチップの量産を開始しても2023年1月までは出荷されず、TSMCが3nmhは収益に貢献するのは2023年上半期からという業績予想を出したのはこのためだと説明しています。