Apple、第3四半期の業績を発表 iPhoneとサービスが記録的な4〜6月期売上を牽引

Apple Inc.が、2022年度第3四半期(2022年3月27日〜2022年6月25日)の業績結果を発表しています。

第3四半期の売上高は前年同期比1.9%増の829億5,900万ドルで4〜6月期の最高を記録し、純利益は前年同期比10.6%減の194億4,200万ドル、希薄化後の1株当たりの利益は前年同期比7.7%減の1.20ドルとなりました。

前年同期は、売上高が814億3,400万ドル、純利益が217億4,400万ドル、希薄化後の1株当たりの利益が1.30ドルでした。

CFO(最高財務責任者)のルカ・マエストリ氏によると、アクティブデバイスのインストールベースはすべての地域セグメントと製品カテゴリで過去最高を記録したとのことです。

カテゴリ別と地域別の売上高は以下の通りです。

  • iPhone406億6,500万ドル(前年同期395億7,000万ドル、2.8%増)
  • iPad72億2,400万ドル(前年同期73億6,800万ドル、2.0%減)
  • Mac73億8,200万ドル(前年同期82億3,500万ドル、10.4%減)
  • ウェアラブル、ホーム、アクセサリ80億8,400万ドル(前年同期87億7,500万ドル、7.9%減)
  • サービス196億0,400万ドル(前年同期174億8,600万ドル、12.1%増)
  • 米国374億7,200万ドル(前年同期358億7,000万ドル、4.5%増)
  • 欧州192億8,700万ドル(前年同期189億4,300万ドル、1.8%増)
  • 中華圏146億0,400万ドル(前年同期147億6,200万ドル、1.1%減)
  • 日本54億4,600万ドル(前年同期64億6,400万ドル、15.7%減)
  • その他のアジア太平洋地域61億5,000万ドル(前年同期53億9,500万ドル、14.0%増)