Apple、ジョナサン・アイブ氏とのコンサルティング契約を終了

The New York Timesが、Appleはジョナサン・アイブ氏とのコンサルティング契約を終了したと報じています。

Appleでデザイン担当責任者を務めていたジョナサン・アイブ氏は2019年に退社してデザイン会社「LoveFrom」を設立しました。LoveFromはAppleと1億ドル以上の複数年契約を結んだことでAppleが主要クライアントとなり、アイブ氏はこのデザイン会社を通じてAppleのプロジェクトに関わっていました。

契約内容を知る2人の関係者によると、契約の更新が迫ったこの数週間中に、アイブ氏とAppleは契約を延長しないことに合意したとのことです。

Appleの幹部の中には、Appleがアイブ氏にいくら支払っているのかを疑問視していたり、Appleのデザイナーが辞めてLoveFromに入ったことに不満を募らせていたりした人がいたようです。

一方ジョナサン・アイブ氏は、Appleとの契約によりAppleが競合すると判断した仕事が受けられなくなっていたため、Appleの許可を必要とせずに仕事を受ける自由を望んでいたようです。