Apple、標的を絞った金銭目当てのスパイウェアからユーザーを保護する「ロックダウンモード」を提供

Apple Inc.が、標的を絞った金銭目当てのスパイウェアからユーザーを保護する新しいセキュリティ機能「ロックダウンモード」をiOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaで提供すると発表しています。

ロックダウンモードは、国家が支援する金銭目当てのスパイウェアを開発している民間企業からの標的を絞ったサイバー攻撃のリスクにさらされている可能性のある人権擁護者、ジャーナリスト、反体制派といったごく少数のユーザーに対し、特別な追加保護を提供するものです。

iOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaでロックダウンモードを有効にすると、デバイスの防御がさらに強化され、特定の機能も厳しく制限され、標的を絞った金銭目当てのスパイウェアによって悪用される可能性のある攻撃対象領域を大幅に減らします。

起動時にロックダウモードには次の保護が含まれています。

  • メッセージ:画像以外のほとんどのメッセージ添付ファイルタイプがブロックされます。リンクプレビューといった一部の機能は無効になります。
  • ウェブブラウジング:ユーザーが信頼できるサイトをロックダウンモードから除外しない限り、ジャストインタイム(JIT)JavaScriptコンパイルなどの特定の複雑なウェブテクノロジーは無効になります。
  • Appleサービス:ユーザーが過去に発信者にコールまたはリクエストを送信していない場合、FaceTimeのコールを含む招待の着信やサービスリクエストはブロックされます。
  • iPhoneロック時は、コンピューターやアクセサリとの有線接続がブロックされます。
  • ロックダウンモードがオンになっている間は、構成プロファイルはインストールできず、デバイスはモバイルデバイス管理(MDM)に登録できません。