新しい「AirPods Pro」はアップグレードされたH1チップや心拍検知センサーなどを搭載

MacRumorsが、新しい「AirPods Pro」はアップグレードされたH1チップや、検知センサー、補聴機能、USB-Cなどを搭載するようだと伝えています。

52Audioによると第2世代AirPods Proは、自己適応型アクティブノイズキャンセリングをサポートしたH1チップや、心拍数を監視する心拍検知センサーを搭載するとのことです。

サウンド面については、AirPods 3と同様の音響特性で、カスタマイズされた高振幅ドライブユニットと高ダイナミックレンジアンプを搭載し、アダプティブイコライザーや、空間オーディオとヘッドトラッキング、オーディオ共有などもサポートするそうです。

MagSafe充電ケースはUSB-Cポートを搭載し、その両側には複数の穴が設けられるとのことです。さらに、右側面にも大きな2つの開口部が設けら、ここには補聴機能で環境音を集音するためのマイクが内蔵されるようです。下部には探すAppで音を鳴らすためのスピーカーが配置されるとのことです。