Apple、「Today at Apple Creative Studios」を拡大

Apple Inc.が、「Today at Apple Creative Studios」を拡大し、若手クリエイターに新たな機会を提供すると発表しています。

Creative Studiosは、非営利団体と協力して機会に恵まれない若手クリエイターを支援するプログラムで、参加者にはキャリアアップのためのメンターシップ、トレーニング、リソースと、Appleの製品やサービスが提供されます。

拡大されたプログラムでは新たに、アプリケーションデザイン、ポッドキャスト制作、空間オーディオ制作、映画制作のカリキュラムが加わります。

シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク市、ロンドン、パリ、バンコク、北京では2年目の開催で、今年は新たに東京、ナッシュビル、マイアミ、ベルリン、ミラノ、台北、シドニーの7都市でも開催されます。

写真、映画、テレビ(東京、ロンドン、シドニー、北京、バンコク)

ロンドンとシドニーの参加者は、短いドキュメンタリー映画の制作を通じて、アイデンティティ、文化、表現について探究し、定評あるアーティストからフィードバックや情報を得ながら、映画撮影、演出、編集のスキルを磨きます。北京と東京では、参加者はプロの助言を受けながら、自分自身のストーリーを伝える手段としての写真やビデオの撮影に打ち込みます。バンコクでは、2年目のプログラムとしてコミュニティパートナーのSaturday School Foundationと協力し、若手クリエイターに、AppleのCreative Proチームが指導するApple主導の様々なセッションに参加する機会を提供します。この6週間にわたる店舗内プログラムでは、写真と音楽の制作に焦点を当てます。