iPadOS/macOS向け「Swift Playgrounds」がアップデート

Apple Inc.が、iPadOS/macOS向けのプログラミングアプリ「Swift Playgrounds 4.1」[App Store][Mac App Store]を配付しています。

iPadOS版では、SwiftUIアプリ全体でデータがどのように移動するかを把握できる「Appで続ける」、図形をアニメーションにする方法を学べる「図形をアニメートする」、独自のカメラを作ることができる「写真を取り込む」を利用できるようになっています。

macOS版では、macOS 12.4以降でSwiftUIを使ったMacアプリ構築のサポートや、アプリ構築の基礎を学べるガイド付きウォークスルー、変更内容のライブプレビュー表示といった新機能が追加されています。

Swift Playgrounds 4.1 for iPadOS

  • “Appで続ける”は、SwiftUI App全体でデータがどのように移動するかを把握するのに役立ちます
  • “図形をアニメートする”では、図形の作り方や変更の仕方、アニメーションにする方法を学ぶことができます
  • “写真を取り込む”は、独自のカメラを作るための上級者向けの内容です

Swift Playgrounds 4.1 for macOS

  • SwiftUIでMacアプリケーションを作ることができます(macOS 12.4以降が必要)
  • ガイドの手順に沿ってSwiftUI Appの作り方の基礎を学べます
  • Appに変更を加えると、Appのプレビューにアップデート内容がライブ表示されます
  • Swift Playgroundsで作ったAppの実行、“アプリケーション”フォルダへのインストールが可能です
  • App Store Connectと統合することで、完成したAppをApp Storeにアップロードできます(Apple Developer Programのアカウントが必要)
  • コード行内に入力候補が表示されるので、コードを素早く正確に入力できます
  • プロジェクト全体の検索により、複数のファイルからの結果を表示できます
  • “スニペット”ライブラリでは、SwiftUIが提供するさまざまなコントロール、記号、色を利用できます
  • Swiftパッケージに対応したことで、公開されているコードを再利用してAppの機能を拡張することができます
  • Appプロジェクトにより、プロジェクトをXcodeに簡単に移動し、また戻すことができます