Apple、iPhoneで非接触型決済に応じることできる「Tap to Pay」を発表

Apple Inc.が、iPhoneで非接触型決済に応じることができる「Tap to Pay on iPhone」を年内より米国の商業向けに提供すると発表しています。

Tap to Payは、他のハードウェアや決済端末を必要とせずにiPhoneのみを使ってタップするだけで、Apple Pay、非接触型クレジットおよびデビットカード、その他のデジタルウォレットによる支払いに応じることができる機能です。

Tap to Payが利用可能になると、商業者はiPhone XS以降でサポートされているiOSアプリを介して非接触型決済の受け入れを解除できるようになります。商業者は会計時に顧客のiPhoneまたはApple Watchを商業者のiPhoneに近づけるように促すことで、NFCテクノロジーを使用して支払いを完了することができます。