「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」はピル型と丸型の2つのパンチホール

米国Display Supply Chain Consultants社のCEOであるロス・ヤング氏が、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」はディスプレイ上部のノッチが廃止されて、かわりにピル型と丸型の2つのパンチホールが設けられるとツイートしています。

このツイートに添付されている画像は、ShrimpAppleProが昨年9月に投稿した裏返しにされたiPhone 14 Proの前面パネルとされる写真です。

またヤング氏は、Face IDがディスプレイの下に埋め込まれるのは2023年か2024年になり、カメラが埋め込まれるのは2024年か2025年になるのではと予想しています。

リーカーの@dylandktは以前、iPhone 14 Pro/Maxは、Face IDディスプレイの下に埋め込まれ、ディスプレイ上部のパンチホールはピル型になると述べていました。