Apple、WWDCでプライバシーツールやiPadOSの強化などを発表

BLoombergが、AppleはWWDCで「iOS 15」「iPadOS 15」の新しいプライバシー保護機能や、ヘルストラッキング機能、通知機能、メッセージ機能、iPadのマルチタスキング機能の強化などを発表する計画であると伝えています。

プライバシー機能については、各アプリケーションがどんなデータを収集しているかを確認できるコントロールパネルが追加されるとのことです。

通知機能については以前、運転中、仕事中、睡眠中といった状況に応じた通知の設定ができるようになると報じていました。また、メッセージの自動返信機能の強化や、通知バナーのデザイン変更も含まれるそうです。

iPadOS 15ではホーム画面が大幅にアップデートされ、ウィジェットをホーム画面の好きな位置に配置できるようになるとしており、マルチタスキング機能も改善されるとのことです。

iOS/iPadOS 15で予定されていたロック画面の改良については延期されたようです。

macOSのアップデートはややマイナーなものとなり、watchOSについてはヘルストラッキング機能やインターフェイスの改善が含まれるとしています。