Apple Music、6月より空間オーディオとロスレスオーディオを追加料金なしで提供

Apple Inc.が、Apple MusicでDolby Atmosによる空間オーディオを利用できるようになると発表しています。

デフォルトでApple Musicは、H1またはW1チップを搭載した全てのAirPodsおよびBeatsのヘッドフォン、最新のiPhone/iPad/Macの内蔵スピーカーで、Dolby Atmosの曲を自動再生するようになります。

また、Apple Music加入者は7,500万曲以上をロスレスまたはハイレゾロスレスオーディオ(ハイレゾロスレスにはUSB DAコンバータなどの外部装置が必要)で聴けるようになるとのことです。

Dolby Atmosの空間オーディオとロスレスオーディオは、6月よりApple Musicにて追加料金なしで利用できるようになります。iOS 14.6以降、iPadOS 14.6以降、macOS 11.4以降、tvOS 14.6以降に対応します。