「iPhone SE」の2022年モデルは5Gに対応、2023年モデルはホールパンチデザインに

9to5Macが、2022年の「iPhone SE」は現行と同じ4.7インチのディスプレイを搭載するようだと伝えています。

米国Display Supply Chain Consultants社のアナリストであるロス・ヤング氏によると、iPhone SEの2022年モデルは4.7インチのディスプレイを搭載する見込みで、サブ6GHz帯5Gをサポートするという噂もあるとツイートしています。

さらに、2023年には画面上部の切り欠きが穴に変更された6.1インチバージョンが登場するとの情報もあるとしています。

ミンチー・クオ氏は以前、新しいiPhone SEは2022年上半期に発売される予定で、2022年発売の「iPhone 14」にはGalaxyのような穴の空いたディスプレイが採用されるだろうと予想していました。