紛失防止タグの「MAMORIO」に電池交換可能な「RE」と、超高輝度蓄光技術採用の「NEON」が登場

MAMORIO株式会社が、電池交換が可能な紛失防止タグ「MAMORIO RE」を発売したと発表しています。

MAMORIO REは、縦36.5×横23.0×厚さ3.7mmと世界最小クラスの紛失防止タグで、ユーザが交換可能なリチウム電池(CR2016)を採用しています。

MAMORIOシリーズは、置き忘れた際にスマートフォンに通知する機能や、紛失した際に地図で場所を確認できる機能、紛失したMAMORIOを他のユーザに検出された際に通知する機能、忘れ物がMAMORIO Spotを設置している駅などに届くと自動で通知する機能などを利用できます。

MAMORIO REは5個セットで、価格は12,400円(税別)です。現在数量限定の特別価格7,980円で提供中です。

さらに、超高輝度蓄光技術を採用した紛失防止タグ「MAMORIO NEON」も発売したと発表しています。

MAMORIO NEONは、LEDの約46倍の輝度(2,314mcd/m²)の超高輝度蓄光顔料を採用しており、蛍光灯の明かり(500Lx)による15分間の蓄光で、暗転から12時間後でも視認できる発光持続力を備えています。

カラーはチャコールブラック、サクラピンク、ネイビーブルー、ミルクベージュの4色で、価格は2,480円(税別)です。