Apple、新型コロナウイルス対策支援として移動傾向データを提供

Apple Inc.が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止支援として、Appleマップの移動傾向データの提供を開始したと発表しています。

このデータは主要都市および63の国と地域でAppleマップを使って経路検索された回数をもとに生成され、徒歩、自動車、公共交通機関での移動量の変化を確認できるようになっています。Appleマップが収集したデータは、ユーザーのApple IDとは関連付けられていないとのことです。

Appleは新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、世界中の医療従事者に2,000万枚以上のマスクを提供していて、さらにマスクの設計および生産も行なっており、週に100万枚を出荷しています。