「Premiere Pro」がプロダクション機能を搭載

Adobe Inc.が、「Premiere Pro」をアップデートしています。

新しいバージョン14.1では、複数プロジェクトのワークフローを管理できる柔軟で拡張可能なフレームワークを提供する「プロダクション」機能が追加されています。

プロダクション内で作業している場合、編集時にプロジェクトをロックして他の編集者との競合を防ぐことができます。プロジェクトで使用しているクリップは、プロダクション内の他のすべてのプロジェクトで共有できます。

プロジェクト設定には、スクラッチディスク、GPUレンダラー、キャプチャ設定といった重要な設定が含まれており、プロダクションのすべてのプロジェクト間で同期することができます。