低価格「iPhone」は2サイズ展開

9to5Macが、iOS 14のコードにAppleが低価格iPhoneの大きいモデルも準備している証拠を発見したと伝えています。

「iPhone 9」と「iPhone 9 Plus」は、A13 Bionicチップや、Taptic Engine採用のソリッドステートホームボタン、Touch IDを搭載し、Apple Payやエクスプレスカード、バックグラウンドでのNFCタグスキャンをサポートするそうです。

さらに、第4世代の「iPad Pro」は「J417」「J418」「J420」「J421」の4機種が用意されてとのことです。