ジョナサン・アイブ氏がAppleをクライアントとしたデザイン会社を設立

Apple Inc.が、デザイン担当責任者であるジョナサン・アイブ氏が今年Appleを退社し、Appleなどを主要クライアントとする独立したデザイン会社を設立すると発表しています。

ジョナサン・アイブ氏は、個人のロジェクトを進めながら、引き続きAppleと様々なプロジェクトで密接に連携していくとのことです。

同氏は1996年からAppleのデザインチームを率い、Appleのハードウェア、ユーザインターフェイス、パッケージング、Apple ParkやAppleの直営店といった建築プロジェクトなど、Appleの全てのデザインを担当しています。

デザインチームを率いるインダストリアルデザイン担当副社長のエバンス・ハンキー氏と、ヒューマンインターフェイスデザイン担当副社長のアラン・ダイ氏は、最高執行責任者であるジェフ・ウィリアムズ氏の直属となるとのことです。