Apple、Qualcommとのライセンス契約を2027年3月まで延長

MacRumorsが、Appleが米国Qualcomm社とのライセンス契約を2027年3月まで延長したと伝えています。

AppleとQualcommは2019年に、両社間で争っていた全ての訴訟を取り下げることに合意し、2019年4月から2025年3月までの6年間の特許ライセンス契約を締結しており、2年間の延長オプションと複数年のチップセット供給合意が含まれていました。

Qualcommは本日の決算発表で、Appleがグローバル特許ライセンス契約を2年間、2027年3月まで延長するオプションを行使したと明らかにしています。

ー 広告 ー